財産分与

基本情報をお客様に丁寧にご説明

銀行の預金や家・車などが相手方の名義になっている場合、「そうした財産は離縁後に名義人のものとして分配されるか」と不安に感じる方もいらっしゃると推測します。財産分与の際は名義にかかわらず、婚姻期間中にご夫婦で積み上げた財産は全て分配の対象になります。そうした基本情報をお客様に丁寧にご説明します。
財産分与には3つの種類があり、そうした専門知識をお客様に漏れなくご説明いたします。基本的なパターンは、婚姻期間中に築いた財産の清算を行う財産の分与です。全て一方の名義になっていたとしても、お二人の共有財産に変わりはないので、押し並べて分配の対象になります。その他、相手が困窮する際に扶養費として分配するパターン、精神的苦痛の慰謝料として分配するパターンがあります。財産の分与をご相談いただいた際はそうした要点を噛み砕いて、専門的な言い回し・用語に偏らずに分かりやすくお客様にご説明します。